岡南教会の歴史 
当教会は1925年(大正14年)2月8日創立、初代牧師は佐藤邦之助先生。この教会には、創立のはじめから「日本人の伝道は日本人の手で」と、「信徒はみな伝道者なり」という二つの標語があり、主の恩恵により信徒も牧師を助けてよく伝道しています。現在の教会は、わが国キリスト教社会事業の草分け、石井十次先生創立の岡山孤児院の跡地713坪に1991年(平成3年)に完成しました。



教会入り口から会衆席240の会堂へ入るとパイプオルガンが目を引きます。



大きな中庭の向こうには牧師館があります。

歴史を刻んだ会堂と集会風景
 
   
 岡南教会50年史 1975年 岡南教会80年史 2005年 
  
 (上) 内山下天幕伝道開催記念
(教育会館にて) 1928年 50年史より
(下) 下西川町(柳町)会堂
クリスマス礼拝記念 1974年 
50年史より
   
 桶屋町会堂 1933年 以下80年史より  桶屋町会堂クリスマス 1933年
 
 献堂当時の下西川町(柳町)会堂 1948年 下西川町復活祭(改修前) 1954年 
 
門田屋敷仮礼拝堂 1984年 
 下西川町(柳町)会堂 1963年改修 改装なった第一礼拝堂  
   
 門田屋敷仮礼拝堂 集会 1984年  門田屋敷仮第2礼拝堂 1984年
 
 父の我を愛する如く、我も汝らを愛したり、わが愛に居れ (ヨハネ伝、15−9) 
笹尾鉄三郎 (岡南教会所蔵)
(ささお てつさぶろう 慶応4年8月15日1868年9月30日) - 大正3年(1914年12月30日