岡南教会の歴史 
 当教会は1925年(大正14年)2月8日,岡山市丸亀町18番地(現野田野町)にて創立された。初代牧師は佐藤邦之助先生。

 この教会には、創立のはじめから「日本人の伝道は日本人の手で」と、「信徒はみな伝道者なり」という二つの標語があり、主の恩恵により信徒も牧師を助けてよく伝道しています。

 現在の教会は、わが国キリスト教社会事業の草分け、石井十次先生創立の岡山孤児院の跡地713坪に1991年(平成3年)に完成しました。




教会入り口から会衆席240の会堂へ入るとパイプオルガンが目を引きます。



大きな中庭の向こうには牧師館があります。

歴史を刻んだ会堂と集会風景
 
   
 岡南教会50年史 1975年 岡南教会80年史 2005年 
 岡山独立基督教会 [1925年(大正14年)−1933年2月(昭和8年)] 
  「岡南教会」は、1925年(大正14年)2月8日、岡山市丸亀町18番地(現野田野町)の河原醤油店(後に、武用五郎辺衛商店岡山支店)の二階座敷を会堂にして、「岡山独立基督教会」として発足しました。(岡南教会50年史より)

 丸亀町「岡山独立基督教会」平面図(右図ー佐々木通子姉作図ー岡南教会80年史より)
 
  
 発足当日は、初代牧師佐藤邦之助師の「小さき群れよ恐るるなかれ」との説教がありました(右説教題ー岡南教会80年史より)   
 
 内山下天幕伝道開催記念(教育館にて) 昭和3,7,28
  桶屋町会堂 [1933年2月(昭和8年)〜1945年6月29日(昭和20年)]
  1933年2月(昭和8年) 岡山市桶屋町に教会堂が献堂された。しかし、この会堂は、12年後の1945年6月29日(昭和20年)の岡山大空襲により焼失しました。  
 
   
 桶屋町会堂 1933年(昭和8年) 80年史より  桶屋町会堂クリスマス 1933年
1945年6月29日 (昭和20年) 空襲のため教会堂全焼、信徒も離散しました。
1945年8月26日 (昭和20年) 戦災を免れた一番町浅野兄姉宅 (現番町一丁目)を開放、戦後第一回目の礼拝を執行しました。
 
 1948年4月20日(昭和23年): 焼失した桶屋町旧会堂跡地が緑地帯に編入されることとなり、新会堂を願う機運が高まってきていました。松本組の設計・施工により、当時下西川町51番地(現柳町)に総工費80万円で、会堂32坪、牧師館CS教室31坪、計63坪の建築契約を結びました。
岡南教会 下西川町51番地(柳町) [1948年8月22日(昭和23年) ー]
   昭和23年8月2日 軍制部代表を初め、350名ばかりを迎えて盛大、かつ厳粛に献堂式を執行した。このことは、全く神の御恩寵と教団及び諸兄姉のご援助のたまもの成りと、御名を崇める次第である。 
 さらに、献堂式終了後、いよいよ一同祈りに祈り、29日の夜第一回の伝道会の火ぶたを切ってより、3回にわたり、会改善の青年男女の10数名、各自太鼓、アコーディオン、タンブリンの楽器を手に、かなり手広く街頭宣伝を打った為か、あの中心街を遠く離れた地区にて、(当時はそういう感じがした)会衆平均120-130名は下らず、しかもほとんど新顔の求道者であるにもかかわらず、その真剣な態度に至っては全く驚くほかなく、この岡南の地に教地を定め、ここに、建設せしめ給いし、大御心の程が知られた。
 
 
 献堂当時の下西川町(柳町)会堂 
1948年(昭和23年)
下西川町復活祭(改修前) 
1954年(昭和29年 )
 
下西川町(柳町)会堂 クリスマス礼拝記念 1974年 (昭和49年12月22日) 
   
 
 
門田屋敷仮礼拝堂 1984年 
 下西川町(柳町)会堂 1963年改修 改装なった第一礼拝堂  
   
 門田屋敷仮礼拝堂 集会 1984年  門田屋敷仮第2礼拝堂 1984年
 
 父の我を愛する如く、我も汝らを愛したり、わが愛に居れ (ヨハネ伝、15−9) 
笹尾鉄三郎 (岡南教会所蔵)
(ささお てつさぶろう 慶応4年8月15日1868年9月30日) - 大正3年(1914年12月30日